「19採用で増える1dayインターンシップ!」

フォーザウィン社員によるブログ記事となります。

HOME社員ブログ一覧人事採用部部長小林のブログ 〉「19採用で増える1dayインターンシップ!」

「19採用で増える1dayインターンシップ!」

みなさん、こんにちは。
フォーザウィン株式会社の採用部長 小林和雄です。

久しぶりのブログ投稿ございます。
さぼっていました。。。。。

と言うわけで
今回のブログは、
「19採用で増える1dayインターンシップ!」について書きたいと思います。

18新卒採用においては、
①、倫理憲章は遵守されず
②、採用活動は早期化&長期化
③、売り手市場で重複内定が増加⇒内定辞退も増加→内定者確保が難しい状態
といった状況でした。

19採用も相変わらず採用難易度が高い年度になりそうですが、
18採用と大きく違っていることとしては1dayインターンシップが急増している点です。

大手就活サイトで今夏以降に1dayインターンシップを開催すると告知した企業は、
延べ8871社(6月1日時点)で7割増えています。
また10月〜11月の1dayインターンシップも増加傾向にあります。
特に初めて1dayインターンシップを行う大手企業が増えているようですね。

実施回数も大事ですが、もっと大切なのは内容ですよね。
聞くところによると
会社説明会と似たり寄ったりのインターンシップを行っている企業も多々あるとのこと。。。。
それでは学生さんの心に響きませんよね。
実際の仕事内容や仕事場の雰囲気、そこで働く先輩社員との交流など、企業の魅力を肌で感じることが出来る内容を
いかに用意出来るかが重要だと私は思います。

素晴らしい内容のインターンシッププログラムが出来たとしても、
そもそも参加学生をどのようにして集めるのかを考える必要があり、こちらのほうが難題です。

8割近い学生がインターンシップに参加した企業へ正式応募をしていますし、
4割近くの学生がインターンシップに参加した企業から内定を取得している現状からも
いかに有意義な内容のインターンシップを実現し、集客するかがカギになってきますね。

もし、それが難しいのであれば無理にインターンシップを実施しないという選択肢もあるのではないかと感じています。

(抜粋:2017年7月17日付日経新聞)

過去の更新記事

TOP