「相談担当の机には必ずティッシュが一箱???」

フォーザウィン社員によるブログ記事となります。

HOME社員ブログ一覧人事採用部部長小林のブログ 〉「相談担当の机には必ずティッシュが一箱???」

「相談担当の机には必ずティッシュが一箱???」

みなさん、こんにちは。
フォーザウィン株式会社の小林和雄です。

今日のブログのタイトルは、
「相談担当の机には必ずティッシュが一箱???」!

とある情報リサーチ会社が
全国の進学校2000校の進路指導教諭にアンケートを行った
「就職に力を入れている大学ランキング2017」を発表されました。
このランキングで8年連続トップになっている大学があります。
明治大学です。

その取り組みをご紹介!
10月初旬に学部別に就職・進路ガイダンスを開催しているようですが、
学生さんの出席率の高さが毎年90%以上の数字のようです。

2016年度の行事リストによると100以上の行事があるという。
試験日や土日を除いて、本当にほぼ毎日だとか。
正直、驚きです。私が卒業した大学では、ほんの少ししかありませんでしたね。

職種研究セミナー、筆記試験対策テストおよび就職適性検査、
仕事研究セミナー、女子セミナー、UIターンセミナー、自己分析講座etc

明治大学は、駿河台、生田、和泉、中野キャンパスがありますが、
それぞれにキャリアカウンセラーの職員がいて、総勢31人体制で学生さんをサポートしていると。

しかも、カウンセリングが徹底活用されていることに感心します。
学生さんによる就職相談は、4キャンパスで年間なんと約3万件にものぼる。
1学年の学生数は約7500人なので、単純計算すると、1人当たり4回は相談に訪れていることになるそうだ。
これも驚愕の数字ですね!!!

キャリアセンターに足を運ぶ学生さんが多く、リピーターが多いのも特徴。
学生さんも、やはり心の拠り所が欲しいですね。就職活動で精神的にズタズタにされる、と感じている学生さんも。
キャリアセンターの方に励まされたり、苦しくて涙を流す学生も少なくないので、
相談担当の机の上には必ずティッシュが一箱、置いてあるとのこと。

学生さんも長い就職活動を乗り切るためにも、
このような手厚いサポート制度があれば、
安心して就職活動に踏み切れますし、
社会に出た後の人間形成にもきっと役に立つかと思います。

では、また次回のブログで。

過去の更新記事

TOP