「ペップトークって知ってますか???」

フォーザウィン社員によるブログ記事となります。

HOME社員ブログ一覧人事採用部部長小林のブログ 〉「ペップトークって知ってますか???」

「ペップトークって知ってますか???」

みなさん、こんにちは。
フォーザウィン株式会社の小林和雄です。

今日の都内は、夏日でかなり暑く
気温に慣れておらずすでにへとへとです。。。。

さてさて、今日のブログは
「ペップトークって知ってますか???」を書きたいと思います。

「ペップトーク」をご存じでしょうか??プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手を大躍進させた
元コーチのサーシャ・バイン氏が使っていたことで日本でも徐々に知名度が上がってきているようです。

それにまつわるエピソードをご紹介します。
2018年のある日、創部50年を迎える少年野球クラブチーム「A」は、
小学3年生以下の関東124チームが参加する「とある大会」の決勝戦の舞台に立っていました。
しかし、その4カ月前までは、このチームが決勝戦を戦っていることを
想像した監督・コーチ、保護者、子どもたちは誰一人いませんでした。

前なら「何やってるんだ!?ミスするなよ!」「なんでそんなボール球を振るんだ!」と言っていたのを、
「大丈夫、次はいけるぞ!」「真ん中のベルト付近にきた球を思いっきり振ろう!」と明るい表情で言うように変えていきました。

すると、子どもたちも変わりだして
攻撃前の円陣では「最高! 最幸!! さぁ~いこう!!!」という合言葉もつくり、チームの一体感も生まれました。
そして、それまでケンカしていた子どもたちも、仲間のプレーを褒め合い、声をかけ合って困難を乗り越えるようになっていったのです。

ペップトークとは、
1900年初めごろに「相手のやる気を引き出す言葉がけ」「相手を励ます言葉がけ」として、アメリカで生まれた話術です。

ペップ(PEP)とは「元気、活気」という意味で、試合前に緊張している選手たちの緊張感を解き、
それをやる気に変える言葉がけとして、現在ではスポーツに限らず、ビジネスでも仲間内のプライベートでも家族同士でも、
アメリカでは普通にペップトークが使われています。

ここでペップトークの構造をご紹介します。4つの部分(骨組み)から成り立っています。
① 受容(事実の受け入れ)
「さぁ、きたぞ、決勝戦。本気でやればできるということがわかったはずだ。今日の相手も最高のチームだ」

② 承認(捉え方変換)
「しかし、勝つのは旗の台クラブに決まっている。みんなで新たな歴史をつくろう。それが今日だ」

③ 行動(してほしい変換)
「さあ、始まるぞ。思いっきり野球を楽しんでこい」

④ 激励(背中の一押し)
「チームの合言葉、いくぞ! 最高! 最幸!! さぁ~いこう!!!」

この受容と承認に「何を言うか」「どう言うか」を考えることが、「ポジティ語変換」というものです。
ポジティ語変換は、ネガティブな言葉や思い込みの言葉を、
その見方、捉え方によってプラスに変換し、どうしてほしいかを言葉にしていく練習です。

「何度も同じことを言わせるな」→「どうやったら改善できるか考えてみよう」、
「言い訳ばかりするな」→「正直に報告して」と、してほしい変換をします。

こうした練習により、自分自身に対しても相手に対しても、日頃からペップな言葉が生まれていきます。
繰り返し練習し、日常でも使っていくと、相手も「この人が言う言葉だから頑張れる」と変化していき、
実際にペップトークを投げかけると100%の結果を引き出せるようになるのです。

こうしたリーダーを「ペップトーカー」と言います。
私もペップトーカーになって、周りに影響力を与える人になりたいと思った限りです。

過去の更新記事

TOP