「もしもこんな人が最終面接官だったら。。。」

フォーザウィン社員によるブログ記事となります。

HOME社員ブログ一覧人事採用部部長小林のブログ 〉「もしもこんな人が最終面接官だったら。。。」

「もしもこんな人が最終面接官だったら。。。」

みなさん、こんにちは。
フォーザウィン株式会社の採用部長 小林和雄です。

梅雨に入り晴れの日ばかり続いていますが、
さてさていつになったら雨は降るんでしょうね。

さてさて、今回のブログは
題して
「もしもこんな人が最終面接官だったら。。。」をお届けします。

とある調査機関(テクノプロ・コンストラクション調べ)のデータで面白いデータが出ていたので、
それをご紹介。

学生さん2000名に対して
「最終面接で出てきたら手強そうなラスボス的な面接官のイメージの有名人は?」の質問をしたところ、
下記のような結果が出たようです。

男性有名人 1位「坂上忍さん」、2位「梅沢富美男さん」、3位「香川照之さん」
女性有名人 1位「和田アキ子さん」、2位「天海祐希さん」、3位「泉ピン子さん」
となったようです。

確かに「坂上忍さん」や「和田アキ子さん」が最終面接官だったら
ちょっと私も身構えちゃいますよね。
でも、何故、このお2人が1位なんでしょう???

私はテレビを通してでしかお2人を見たことは無いですが、
「それって何で?」、とか「何でそういう行動するんだろう?」と仰っているシーンって多い気がしますよね。

面接でも似たようなシーンがあるのではないでしょうか。
我々、企業側も学生さんも選ばさせて頂きますが、
学生さんも企業を選んでいますよね。

我々、企業側としてはそりゃご縁があれば1日でも長く働いてほしい。
ただ、誰でも良いわけじゃないので面接で確認するんですよね。

「同業のA社じゃなく、何故当社なのか?」、
「当社で〇〇の仕事をする価値って、どうお考えですか?」etc

質問事例の例を挙げればキリがないですが、
是非、学生さんには「企業研究」のみで就職先を決めて欲しくないですね。
企業研究の先にある「仕事研究」も確りして頂き、
その会社の、その仕事をする価値を確りと確認できた時に、
入社承諾をして頂きたいものです。

追伸
九州出張で福岡空港でパシャリ!
「チリーン、チリーン」と何の音かと。
風鈴の音色でしたが、伊万里焼の風鈴が所狭しと飾ってありました。
夏よ、早く来て欲しいですね。

IMG_0228

過去の更新記事

TOP