WordPressでフォントを変更する方法 | おすすめプラグインをご紹介

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉WordPressでフォントを変更する方法 | おすすめプラグインをご紹介

WordPressでフォントを変更する方法 | おすすめプラグインをご紹介

1120_img

Webサイトのデザインにおいてフォントは非常に重要です。いまいちパッとしないデザインもフォントを変えるだけで一気に雰囲気が変わり魅力的なサイトになります。
それでは、WordPressではどのようにフォントを変更すればよいのでしょうか。
今回はWordPressでフォントを変更する方法とおすすめのプラグインについてご紹介いたします。

もくじ

  1. Webフォントとは
  2. フォント変更の目的
  3. 変更方法とおすすめのプラグイン
  4. まとめ

 

◆Webフォントとは

普段、スマートフォンやPCから閲覧しているWebサイトですが実はデバイスの種類によって内蔵されているフォントは異なり、見え方も違います。そこで役に立つのがWebフォントです。
Webフォントはサーバーに置かれたフォントを、インターネットを通して表示させているのでデバイスに左右されることはありません。

◆フォント変更の目的

・印象を変える
同じ文章であってもフォントを変更することによって大きく印象を変えることができます。親近感や親しみを感じるフォントは一般的にゴシック体が多く、明朝体は上品さや高級感のある印象を受けることが多いです。

・ブランドイメージを伝えやすくする
ターゲットとするユーザー層に届けたいイメージに沿ったフォントに絞り込むことで効果的なブランディングが期待できます。

・ユーザビリティを向上させる
適切なフォントを使用しないと文章が読みにくく、ページの離脱率が上がってしまいます。そのためWebサイトでは何よりも読みやすい文章にするように適切なフォントを選びユーザビリティをアップさせる必要があります。

◆変更方法とおすすめのプラグイン

WordPressのフォント変更方法は、GoogleFontsという無料のサイトを使用します。
GoogleFontsでフォントを選んだら、「EMBED」のタブから必要なコードをコピーしておきます。WordPressの管理画面を開き、「外観→テーマの編集」から右サイドバーにある「header.php」を開いて先にコピーしたコードを貼り付けます。
先に選んだコードの「SpecifyinCSS」の中にあるコードをWordPressの「style.css」に変えたい要素の箇所に貼り付けたらファイルを更新し完了です。

コードの設定が苦手な人には、インストールして有効化するだけで簡単にフォント変更ができるプラグインの使用をおすすめします。

・EasyGoogleFonts
WordPressの管理バーの中の「カスタマイズ」からフォントを変更することができます。

・Font
手書き風の文字やオリジナリナルのデザインフォントを使用することができます。

・Visual Theme Customizer
レスポンシブ対応のプレビューの確認機能があり、有料版ではアニメーション機能を使用できます。

 

◆まとめ

フォントを変更することでサイトの印象を大幅に変えることができます。ユーザビリティの向上にも適切なフォントの使用は必須といえるでしょう。
WordPressでのフォントの変更方法をぜひマスターしてより魅力的なサイト制作に活かしてみてください。

フォーザウィンはIT業界で働く仲間を募集しています!
経験、未経験は問いません。是非当社の採用情報をご覧ください。
採用情報を見る >

最新記事

2020.12.04
2020.11.25
2020.11.20
2020.11.18
2020.11.13

カテゴリー

TOP