【Web担当者向け】Webライティングとは?手順・ポイント・注意点まとめ

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉【Web担当者向け】Webライティングとは?手順・ポイント・注意点まとめ

【Web担当者向け】Webライティングとは?手順・ポイント・注意点まとめ

shutterstock_1179932260
どんなに良いコンテンツのWebページを作っても、それが検索上位に表示されなければアクセスが集まるようにはなりません。
そういった場合はWebライティングのスキルが不十分である原因が考えられます。
Webライティングはコンテンツを世の中に広めていくために必要なスキルです。

本日はWebライティングについて、詳しい手順やポイントを解説いたします。

もくじ

  1. Webライティングとは
  2. Webライティングの手法
  3. Webライティングのポイント
  4. まとめ

 

◆Webライティングとは

索エンジンの検索結果上位に表示させる技術は何通りもありますが、その一つにWebライティングがあります。
検索エンジンから見て読み取りやすくなるように、一定のルールに従ってコンテンツを正しくインデックスする技術です。
検索エンジンはユーザーから見てわかりやすいコンテンツを評価する傾向があるので、Webライティングの本質は、ユーザーにとって読みやすくわかりやすい記事を書くことになります。

◆Webライティングの手法

Webライティングでは大きく分けて2つの手法が使われます。

・SDS法
SDS法とは、結論を手短に伝えたいときによく用いられる手法です。
Summary(記事の概要)→ Details(詳細の説明)→ Summary(全体のまとめ)
のように、同じ内容を大きく3回に分けて説明します。

・PREP法
PREP法とは、SDS法と比べてもっと長く説明する事ができる手法になります。
説明やプレゼンテーションの際にも良く用いられます。
・Point(結論)→ Reason(理由)→ Example(具体例)→Point(結論)
のように、先に結論を述べて理由をつけて後押しをし、具体例でさらに理由のイメージを沸かせて、ストーリー性をつけて結論を伝えます。

◆Webライティングのポイント

検索エンジンに評価されるライティングをするには、ユーザーから見てわかりやすい構造、文章にする必要があります。

・見出しの構造化
記事にはまず大見出しを作り、中見出し→小見出しに分けて詳しい内容を説明します。
まずユーザーは大見出しの内容を見て何について書かれている記事なのか理解します。そのため、ユーザーの情報理解の手助けのためにも見出しの構造化は重要です。

・簡素な文章にする
Webサイトを訪れる人は、なるべく早く必要な情報だけを得たいと考えます。
そのため文章はなるべく短く簡素なものが望ましく、目安としては1文40~60文字程度に納めます。
専門用語など、文字数が多くユーザーが理解しにくい表現はなるべく避け、必要があれば別途説明するなど、ユーザーがいかに短い間に内容を理解できるか
配慮する事が重要になります。同様に難しい表現も避けて出来るだけ簡単な表現にするようにします。

・トンマナを揃える
記事全体のトンマナ(トーン&マナー)を揃える事も重要です。
具体的には「だ・である調」「です・ます調」の語尾を統一する、同じ記事内で異なった表記が使われていないか表記を統一するなど、読んでいてユーザーが混乱するような表記は避けることが重要です。

また、他のサイトのコピーは権利侵害に当たるので絶対にやってはいけません。

 

◆まとめ

多少手間がかかってもWebライティングのポイントを押さえ確実に設定する事で、検索エンジンの評価も上がり検索上位に表示されやすくなります。
たとえ良いコンテンツを作っても検索上位に表示されなければ、世の中にコンテンツが知れ渡る機会も少なくなります。

適切なWebライティングを行って、良いコンテンツがより世の中に知れ渡るようにしましょう。

フォーザウィンはIT業界で働く仲間を募集しています!
経験、未経験は問いません。是非当社の採用情報をご覧ください。
採用情報を見る >

最新記事

2020.03.30
2020.03.26
2020.03.19
2020.03.13
2020.03.10

カテゴリー

TOP