在宅でできるWebデザイン。おすすめの副業方法をご紹介

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉在宅でできるWebデザイン。おすすめの副業方法をご紹介

在宅でできるWebデザイン。おすすめの副業方法をご紹介

shutterstock_508401748_0000 0.jpg

Webデザインの仕事において個人のペースでの労働時間配分、仕事と子育てや介護との両立、副業としての収益など、そのような働き方に興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな在宅でできるWebデザインの副業方法について、紹介していきます。

もくじ

  1. 副業としておすすめな在宅で行うWebデザイン
  2. 在宅で行うWebデザインに必要なスキル
  3. 在宅で行うWebデザインで意識すべきこと
  4. まとめ

 

◆副業としておすすめな在宅で行うWebデザイン

Web業界の中におけるWebデザインは需要が高く、個人の持つスキルに応じて対応できる仕事が数多くあります。
クライアントとの打ち合わせを電話やメール、チャットなどのコミュニケーションツールを利用し図り進めることができる案件もあり、パソコンが1台あれば仕事をすることが可能になります。

限られた時間を効率良く使うことができるため、在宅でできる仕事が多いWeb業界においては副業に適していると言えます。

 

◆在宅で行うWebデザインに必要なスキル

WebデザインにはまずHTML・CSSのスキルを持っていることが理想とされます。
しかし、必ずしもWebサイトを自分で一から構築する仕事ばかりではないので、まずは自分のスキルにあった仕事を選び、様々な仕事をこなしながら経験を積むと良いでしょう。

在宅制作に適した主なWebデザインについて制作内容とそのスキルを紹介します。

・バナー制作
バナー制作の案件は豊富にあり、画像加工ソフトであるPhotoshopが使える方であれば、比較的簡単に取り組むことができます。
バナーは写真素材などとキャッチコピーで構成されていることが特徴で、制作自体にそれほど高度な技術を要さないでしょう。

ニーズに合わせ、目を引く魅力的なデザインにできるかどうかが、デザイナーの腕の見せ所になります。

・ホームページの更新、新規作成
ホームページ更新では、既存のHTMLファイルに修正と追加を行う作業のため、専門的な知識はあまり問いませんが、基礎的なHTMLやCSSのスキルは必要と言えます。

新規サイト構築まで行うのであれば、プログラム言語であるHTMLとCSSのスキルが必要になります。デザイン性の高いサイトにするために、IllustratorやPhotoshopのスキルも欠かせません。

また、より集客アップを図るためであれば、アクセス解析やSEO対策、スマートフォンへの対応スキルがあると良いでしょう。

・Webライティング
Webライティングはそれほど大きくWebデザインに関わる訳ではありませんが、商品やサービスを引き立てる魅力的なキャッチコピーのライティングなどはWeb制作に欠かせません。

Webライティングには、Webマーケティングの知識が必要になります。
Webサイトにおける目的となるもの、ターゲット等、訴求部分を理解した上で商品価値を伝え、ひいては購入に結びつけることを考慮してライティングできることが重要と言えます。

 

◆在宅で行うWebデザインで意識すべきこと

「自宅で仕事をする方が集中して制作に取り組める」「在宅勤務を行いたい」と考えているもののどのように仕事を進めていいかイメージが湧きにくいと思います。

ここでは在宅で円滑に仕事を進めるためのポイントを紹介します。

・円滑な進行を意識したデザインワークを行う
在宅勤務とオフィス勤務の一番の違いとして、コミュニケーションのやりとりの円滑性にあります。

在宅勤務の場合、作業中の画面を見せながら相手と相談したり、迷った点を直接聞いたりとデザインの方向性を直接交渉することが難しいため、ミスコミュニケーションが生まれやすくなります。
そのためラフデザイン案をすぐに出し、目に見える形で進行をしていくことが求められます。

・進行管理を理解し把握する
在宅でのWebデザイン制作はスケジュール管理、見積もりなどを自身で行うことが必要になります。
作業プロセスの中で必要な打ち合わせや作業における途中段階での確認についても、自身でスケジュール作成を行い提案しておくなど、会社であればWebディレクターが行っている作業も自分で行う必要が生じることもあるでしょう。

見積もりを求められる場面や、要件に追加が生じた場合など、状況に応じて金額やスケジュールの見直しを行うことがプロジェクトの成功に大きく関わります。

・コストを明確にしたセルフマネジメントを意識する
在宅での仕事は、出勤時間や退勤時間がなく、深夜作業や長時間の作業など、自分のペース配分に合わせて作業を行えます。
「明日集中して作業を進めよう」「ここがかたちとなるまで取り組もう」とあらかじめ予定を立てていても、計画していたスケジュールと自分の作業ペースが合わなくなってしまうこともあるでしょう。

在宅での仕事は、時間とスケジュールをしっかり意識した作業ペースや、自分自身の生活リズム、健康維持などのセルフマネジメントが重要になります。

・自分が好きな仕事が何かを考える
自分にとって好きな仕事の依頼が来ると、作業スピードが上がったり前向きに新たなスキルを身に付けられたりと、気持ちよく仕事に取り組むことができるかと思います。

在宅の仕事では、気持よく取り組むことができる仕事のジャンルを考慮し、実績を積み重ねていくことが、長期的にみた時のコスト削減やスキルアップにつながります。

 

◆まとめ

在宅でWebデザインを仕事にする場合、魅力的なデザインを作れることが前提になります。

時にはコミュニケーションや案件の獲得など、今まで経験のないことや苦手なことにも向き合いスキルを身に付ける努力が必要になることもあるでしょう。
時間を効率的に使い仕事の実績を重ねることで、高いクオリティの成果物が出せるWebデザイナーとして周りからの信頼、安定した収益の確保など得るものが多く待っています。

在宅のWebデザイナーとしてスキルを磨き、自分の理想のライフスタイルを目指してみてはどうでしょうか。

最新記事

2018.11.08
2018.11.06
2018.10.31
2018.10.24
2018.10.17

カテゴリー

TOP