Webディレクターになりたい!仕事内容とスキルを紹介

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉Webディレクターになりたい!仕事内容とスキルを紹介

Webディレクターになりたい!仕事内容とスキルを紹介

Webディレクター

Web業界にはWebデザイナーやWebプログラマー、Webライターなど、さまざまな職種があります。
Webクリエイター職の中でも、最も求人数・転職希望者数、共に多い職種がWebディレクターです。
しかし実際に求人要項を見てみると、企業ごとに仕事内容が異なるなど、転職の際に戸惑いを憶える人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなWebディレクターについて紹介します。

もくじ

  1. Webディレクターとは
  2. Webディレクターの仕事内容
  3. Webディレクターに必要なスキル
  4. まとめ

 

◆Webディレクターとは

WebディレクターとはWeb業界においてプロジェクトを監督・指揮・管理する人を指します。
デザイナー、ライター、コーダー、プログラマーなどのWeb制作に関わるスタッフ達をまとめ、
プロジェクトの進行管理、Webコンテンツ制作の責任者としてクライアントの要望にかなったWebコンテンツを作り上げることが求められます。

 

◆Webディレクターの仕事内容

サイトの種類・目的によって仕事の概要や課せられるミッションは変化します。

・広告媒体(メディアサイト)の場合
満足度や話題性の高いコンテンツで、ページビュー数を向上させ、広告枠の価値を上げる。
Webマーケティングに関する知識やセンスが求められます。

・新規顧客獲得サイトの場合
流入してきたユーザーを、お問い合わせやサービス申し込みなどのアクションに転換させる。
そのためのコンテンツやユーザビリティに考慮したサイト設計と運用。

・ECサイトの場合
ユーザーの購買を促すためのデザインの向上、
決済システムの構築や商品管理、顧客管理など。

・コーポレートサイトの場合
クライアントの意向や要望をいかにサイトに反映させるか。
また、対象となる業界の特性についても深く理解し、同業他社・ライバルとなる商品やサービスとの差異をいかに表現するかといったアイデアやブランディングのノウハウも求められます。

 

◆Webディレクターに必要なスキル

Webコンテンツの制作は複数の案件が同時に動くため、各案件の進捗状況やスケジュールを管理し、クライアントと各スタッフの間における認識の相違を防ぐため打ち合わせや情報共有を密に行うコミュニケーション力が必要となります。
また、クライアントへの提案を行う際のプレゼン能力や、プログラム・デザイン・コーディングなどの専門スタッフと話をするためのある程度の技術的な知識も必要です。

例えばWebデザイナー出身のWebディレクターも、デザインだけでなくコーディングやSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)といったWebマーケティングの分野についても精通していることが望ましいとされます。

 

◆まとめ

Webディレクターは、プロジェクトの進行管理、品質管理だけでなく、場合によっては企画立案やテクニカルな業務も兼務する職種です。
必要なスキルも多く、簡単な職種ではありませんが、Webの幅広い知識と経験を身に付けることができるため、キャリアアップに最適です。

興味のある方は是非目指してみてください。

最新記事

2018.11.08
2018.11.06
2018.10.31
2018.10.24
2018.10.17

カテゴリー

TOP