【Web担当者向け】SNS広告とは?その特徴と使い方まとめ

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉【Web担当者向け】SNS広告とは?その特徴と使い方まとめ

【Web担当者向け】SNS広告とは?その特徴と使い方まとめ

shutterstock_320307956

インターネットを活用した集客手法は、広告やSEO、SNS運用など様々な種類がありますが、中でも注目されているのが「SNS広告」です。
SNSは老若男女を問わず、誰もが利用するコミュニケーションツールへと成長しました。
そんな幅広いユーザー層に対して、プロモーションを実施したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、SNS広告について特徴や使い方について解説します。

もくじ

  1. .SNS広告の特徴
  2. SNS広告の種類
  3. SNS広告の注意点
  4. まとめ

 

◆SNS広告の特徴

SNSのタイムラインなどの配信面を利用して、自社商品やサービスの宣伝を行うことをSNS広告といいます。
SNS広告の特徴は、利用しているユーザーのプロフィールを元に、詳細なターゲティングがされており、ターゲティング精度がとても高いといえます。
また、拡散などの認知拡大効果も見込めます。
WEB検索結果に表示される「リスティング広告」に対して、ユーザーのSNSのタイムライン上に広告が表示されるのが「SNS広告」になります。

◆SNS広告の種類

・Facebook広告
Facebook広告は、ターゲティングを詳細に設定することができます。
実名登録が必要なFacebookの特徴を活かして、個人情報から、興味や関心のあるコンテンツまで登録されている細かな情報をもとに、関心のあるターゲット層を絞り込んで広告を配信することが可能です。

・Instagram広告
Facebook広告とほぼ同様の作業で広告を出せるのがInstagram広告です。
特徴としては、ユーザー層の比率が圧倒的に女性が高く、アパレルや美容などの女性向けの商材やサービスの広告が、高い効果を発揮します。
テキストが多く入った広告よりも写真そのもののクオリティが高い広告の方が受けがよい傾向があります。

・Twitter広告
若年層へのアプローチに効果的なのがTwitter広告です。
10代~20代の利用者が多く、広告内容の何かしらのキーワードをツイートしたユーザーや、特定のユーザーをフォローしているユーザーのタイムラインに広告が表示されます。

・LINE広告
LINE広告は最も新しいSNS広告で、幅広い年代に対して高い認知度を誇ります。
普段からコミュニケーションツールで使用されているアプリなので、アクティブ率が非常に高く、広告を閲覧する機会も他のSNS広告に比べ多いと言えます。

◆SNS広告の注意点

広告を出稿する際には、SNS広告の種類を問わず、ターゲット・目的・内容を明確にするようにしましょう。
ユーザーにとって分かりやすい広告にすることがコンバージョン率アップにつながります。
また、各SNSには、画像サイズやテキスト量など広告運用に関する規約が設けられています。
万が一、規約に違反すると配信の停止につながる可能性もありますので必ず確認をして規約を守るように気をつけましょう。

 

◆まとめ

ますます注目の集まるSNS広告ですが、ターゲット層と目的を明確にして、より効果的な広告運営を行うことが重要です。

フォーザウィンはIT業界で働く仲間を募集しています!
経験、未経験は問いません。是非当社の採用情報をご覧ください。
採用情報を見る >

最新記事

2019.11.20
2019.11.13
2019.11.08
2019.10.31
2019.10.24

カテゴリー

TOP