【Web担当者必見】SEOに強いWebサイトを作るための方法

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉【Web担当者必見】SEOに強いWebサイトを作るための方法

【Web担当者必見】SEOに強いWebサイトを作るための方法

shutterstock_790231984_0000

近年、GoogleがWebサイトに求める品質は高まる一方で、これまで通用してきたSEOが全く通じないといったケースも少なくありません。
むしろマイナスに作用するケースが増えているのも現状です。
SEO対策は毎年新しい手法やテクニックが登場します。
そのため、完璧と思えるサイトを完成させたとしても、またすぐに手を加えなくてはならなくなり、SEO対策は常に最新の情報を収集し最適な方法で行わなければいけません。

今回は2019年現在の最新情報とSEO対策に有効ないくつかの方法についてご説明いたします。

もくじ

  1. SEO対策とは
  2. SEO対策で高い効果を上げる方法
  3. 2019年のSEO対策トレンド
  4. まとめ

 

◆SEO対策とは

そもそも、SEO対策とはキーワード検索をした際に、検索結果を上位に表示されやすくするための施策です。
Googleの検索結果は200以上のシグナルを考慮したアルゴリズムから決められると言われています。
そのアルゴリズムに適した形でコンテンツを作っていくことで、検索の上位を狙えることになります。
基本的にはGoogleのガイドラインや公式コメントを参考にすればSEOが最適化されたといえますが、それだけでは他社と差をつけることは難しいでしょう。
また、SEO対策は正しく行わないと効果がありません。
逆効果になってしまうこともあります。

◆SEO対策で高い効果を上げる方法

・タイトルの付け方
SEO対策の基本ともいえるのがタイトルの付け方です。
ユーザーはタイトルがピンとこないページはアクセスしない傾向が強く、実際にユーザーにアクセスしてもらえるページはタイトルで決まるといえます。
タイトルを決まる際のポイントは、タイトルの前半にキーワードを入れるようにする、30文字以内に収める、タイトルを見てそのページの内容が伝わるようにする、興味をひくようなインパクトがあるものにする、などが挙げられます。

・良質なコンテンツ作り
良質なコンテンツとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供できるページを作ることです。
アフィリエイトがたくさん貼られている広告だらけのページよりも、ユーザーが利益と感じるようなコンテンツを増やすことが最も効果のあるSEO対策につながります。

・オリジナリティを出す
他のページと似たような内容が書いてあるページでは検索エンジンから高い評価が得ることができません。
自分しか書けないようなオリジナルの記事を盛り込む、他のサイトには書かれていないような特別なコンテンツを提供すれば検索エンジンから高い評価を得ることができます。

・Webサイトのテーマを絞る
Webサイトのテーマを絞り込むことで、サイトの専門性が高まります。
特定のキーワードに対してサイトの評価が高まり、そのテーマでの検索順位が上がってきます。

・他社を上回るコンテンツを作る
まず、記事のキーワードを決めたら、そのキーワードで検索してみてください。
そして検索結果の上位10件のページの内容をチェックし、そのページよりも優れたコンテンツを作るように意識しましょう。

・モバイルファースト
モバイル端末の普及によって、モバイルからの検索数がPCの検索数を超えてきたため、Googleは、「モバイルファーストインデックス」という仕組みを導入しました。
対策としては、レスポンシブデザインにしておくことが最も無難な方法になります。

・表示のスピードを早くする
表示スピードを早くすることで、SEO対策に効果があります。
Googleの評価指標には、ページの読み込みが完了するまでの速度が入っていて、表示スピードが早ければ早いほうが高い評価が得られます。
アニメーションやプラグインを追加することで読み込みに時間がかかり表示速度は遅くなります。
アニメーションやプラグインを追加する際には、本当にそのコンテンツが必要か見極めることが重要です。

◆2019年のSEO対策トレンド

今後はモバイル表示によるSEO対策を更に強化していく必要があるでしょう。
モバイル検索の強化以外にも注目しておきたいSEO関連のキーワードをご紹介します。

・サイテーション
サイテーションとは、第三者に対象となる店名や商品名、サイト名について言及(引用)してもらうことです。
サイテーションの数が増えることで、順位に良い影響を与えると言われています。

・ナレッジパネル
ナレッジパネルとは、特定のキーワードを検索したときに、検索結果の右側に表示されるキーワードの情報をまとめたパネルのことです。
2018年から増加しているナレッジパネルですが2019年も更に増える傾向にあります。

・音声検索
2018年から急速に音声検索の認知度が高まっています。
CMなどの影響もあり音声検索を利用するユーザーの数が増え、それに伴って音声検索のSEO需要も高まっています。

 

◆まとめ

SEO対策は内容の種類も多く、簡単にすぐ身につくものではありません。日々のWebサイト運営を通じてだんだんと身についていくでしょう。
アクセスが増えないと悩んでいる場合はまずはコンテンツの追加を優先してみてください。

2019年もSEO対策の最新情報をしっかりと収集し、検索上位に表示されるWebサイトを目指していきましょう。

フォーザウィンはIT業界で働く仲間を募集しています!
経験、未経験は問いません。是非当社の採用情報をご覧ください。
採用情報を見る >

最新記事

2019.04.26
2019.04.19
2019.04.17
2019.04.12
2019.04.05

カテゴリー

TOP