ランディングページを最適化させるには?LPOとEFOの関係性を紹介

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉ランディングページを最適化させるには?LPOとEFOの関係性を紹介

ランディングページを最適化させるには?LPOとEFOの関係性を紹介

shutterstock_698133355

Webサイトを制作しても、すぐに集客が増えることはほとんど無く、Web広告を配信しユーザーをランディングページに誘導してCV(コンバージョン)に繋げるケースがWebマーケティングにおいては一般的になりつつあります。
その為、ランディングページの中身が非常に重要になってきますが今回はこのランディングページを最適化させるために必要な対策についてご紹介いたします。

もくじ

  1. LPとは
  2. LPOとは
  3. EFOとは
  4. まとめ

 

◆LPとは

LPとは、ランディングページの略称で、ユーザーがインターネット広告やWeb検索、リンクをクリックした際に最初に開くページのことを指します。
LPの目的は、商品の購買や資料請求、サブスクライムの登録などの最終的なアクションになります。
特徴としては、1ページに情報がまとまっていて、商品やサービスの紹介から最終地点である購入や資料請求などのCV(コンバージョン)までをストーリー性を持たせユーザーに順を追って読ませていくことで購買意識に繋げていくようなページの作りになっています。
基本的には、LPは問い合わせや資料請求や注文フォーム以外のリンクは貼らないことが多く、選択肢を少なくすることで、最終地点へと誘導します。
また、文章を読ませるよりも画像でイメージさせるようなページが多く、デザイン性の高いページが多いのもLPの特徴です。

◆LPOとは

LPOとは、「Landing Page Optimization」の略称で、ランディングページの最適化を意味します。
ランディングページは公開したからといってすぐに集客ができるわけではなく、目標が達成できるのは稀で、何回もページの改善を行いながら精度を高めていく必要があります。
そのためLPOは、ランディングページを運用するにあたり、必須の施策になります。
LPOを行う最終的な目標はページの離脱率を下げることで、具体的な施策としては、

・CTA(Call To Action)ボタンの文言、色の変更
・コンテンツの構成の見直し、改善
・イメージビジュアルの変更
・ファーストビューのキャッチコピーの変更

などになります。
LPOツールを使ってA/Bテストを行うことも有効です。

◆EFOとは

EFOとは、Entry Form Optimizationの略称で、「入力フォーム最適化」を意味します。
入力フォームは、ページの最終地点であり、使いやすさや見やすさなどがCV(コンバージョン)に直接結びつく最も重要なポイントです。
ユーザーが記入するフォーマットは全て、入力フォームにあたります。
LPO同様に、ランディングページを運用するにあたり、必須の施策になります。
具体的な施策としては主に

・入力項目の量を必要最低限にする
・項目の重複の確認
・入力項目を選択式にする
・エラーの指摘をわかりやすく具体的にする
・必須と任意の項目をわかりやすく分ける
・入力例をわかりやすく表示させる

ユーザーは入力に手間がかかると、面倒くさくなり購入を諦めてしまうことが多いです。
CV(コンバージョン)に繋げるためには、
ユーザーの立場になって入力フォームの使いやすさを検証し最適化することが重要になります。

 

◆まとめ

今回ご紹介した以外にもランディングページの改善ポイントはいくつもあります。
まずは、LPOとEFOに重点を置き、ランディングページのパフォーマンスをアップさせてCV(コンバージョン)に繋がるWebサイト作りを目指しましょう。

フォーザウィンはIT業界で働く仲間を募集しています!
経験、未経験は問いません。是非当社の採用情報をご覧ください。
採用情報を見る >

最新記事

2020.03.30
2020.03.26
2020.03.19
2020.03.13
2020.03.10

カテゴリー

TOP