【企業向け】自社ブランドを強化するためには?ペルソナの作り方まとめ

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉【企業向け】自社ブランドを強化するためには?ペルソナの作り方まとめ

【企業向け】自社ブランドを強化するためには?ペルソナの作り方まとめ

shutterstock_278847149

マーケティングには欠かせない「ペルソナ」。
一度は耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
しかし、その有効的な使い方について、いまいち正しく理解していない方も少なくないと思います。
「ペルソナ」をしっかりと作りこむことで、集客アップや優良顧客の獲得につながります。

今回は、ブランドを強化するうえで必要なペルソナの作り方について、詳しく解説いたします。

もくじ

  1. ペルソナとは
  2. ペルソナを設定するメリット
  3. ブランドを強くするペルソナとは
  4. まとめ

 

◆ペルソナとは

ペルソナとは、製品やサービスの理想の顧客の人物像のことを指します。
主にマーケティング関連で活用されます。
マーケティング活動の上ではペルソナは必須の存在で、年齢や性別、職業、年収、趣味、家族構成から生い立ち、住んでいる場所、ライフスタイルなど、実在する人物かのように細かな情報を設定し、理想の顧客像であるペルソナを作り上げていきます。
具体的な顧客像をペルソナで設定することで、自社がとるべき戦略が具体化できます。

◆ペルソナを設定するメリット

ペルソナを設定することで生まれるメリット

・担当者間で、理想の顧客像を共有できる
担当者間で理想の顧客像の認識のずれが生じると、無駄な作業が発生したり、サービス内容に差が出るなど様々なトラブルが生じてきます。
ペルソナという人格を設定すれば、各セクションの担当者間で共通の人物像をイメージすることができ、プロジェクトや作業が効率よく進められます。

・ユーザー視点の精度が高まる。
ペルソナは、架空に作った人格のようなもので、ペルソナのニーズを満たすような製品を考えれば、結果的にその他の多くのユーザーのニーズを満たすことにつながります。

・時間、コストの削減
ペルソナを設定すればユーザー増が明確になり、プロジェクトの方向性も早い段階で明確になります。そのため無駄な施策にかかる費用などが節約できます。

◆ブランドを強くするペルソナとは

一般的なペルソナは、基本的な情報から構成されているので、自社の強みや独自のサービスなどが反映されていません。
そのため、一般的なペルソナでは、他社の商品やサービスでも代替が効いてしまう可能性があります。
自社ブランドを強くするペルソナを作るためには、自社ブランドの強みや消費者から魅力だと感じてもらっている点を考慮することが重要です。
他社のブランドが設定するペルソナと被らないように、細かい設定を行うようにしましょう。

 

◆まとめ

一般的なペルソナの設定方法だと他社と被ってしまい、自社ブランドに特化した戦略を練ることは難しくなります。

他社には真似の出来ないオリジナルのペルソナを作り、細かく分析することで自社ブランドの強みを打ち出すことができます。

フォーザウィンはIT業界で働く仲間を募集しています!
経験、未経験は問いません。是非当社の採用情報をご覧ください。
採用情報を見る >

最新記事

2019.11.20
2019.11.13
2019.11.08
2019.10.31
2019.10.24

カテゴリー

TOP