今注目のMini app(ミニアプリ)とは?「anybot(エニーボット)」でできること

フォーザウィン社員発のIT業界にまつわる豆知識。
「フォーザウィンアカデミー」

HOMEフォーザウィンアカデミー 〉今注目のMini app(ミニアプリ)とは?「anybot(エニーボット)」でできること

今注目のMini app(ミニアプリ)とは?「anybot(エニーボット)」でできること

shutterstock_1023976948
集客や顧客対応として、Webサイトの利用が当たり前の時代になっていますが、Webサイトの他に独自アプリを利用する企業も増えています。
中でも注目されているのが、ユーザーが使用しているアプリの中に、Webサイトやアプリの機能を提供する「Mini app(ミニアプリ)」です。
今回は「Mini app(ミニアプリ)」について詳しくご紹介いたします。

もくじ

  1. Mini appとは
  2. Mini appとチャットボット
  3. anybot(エニーボット)とは
  4. まとめ

 

◆Mini appとは

Mini appとは、すでにユーザーが使っている人気アプリの中にアプリ機能を提供するサービスです。
現在世界中で約200万以上ものアプリが存在しています。その中で新しいアプリを作って提供してもなかなかダウンロードしてもらうまでには至っていないのが現状です。
Mini appは、ユーザーがもともと使っているアプリの中に自社サービスのアプリを提供するので、ダウンロードする必要がありません。そのためユーザーに使ってもらえる確率は、新規でアプリを制作するよりも格段にアップします。
また、Mini appではユーザーはもともと使用しているアプリのアカウントでそのまま利用できるので、登録の煩わしさもなく、よりコンバージョンに繋がる可能性がアップします。

◆Mini appとチャットボット

LINEやFacebookで導入されているチャットボットはMini appの1つにあたります。
24時間いつでも顧客対応が可能で人件費も削減が出来て、マーケティングオートメーションを実現してくれるチャットボットは、導入する企業が増えています。
このチャットボットの基本機能に加えて販売や予約など、より多くの機能を追加し、よりビジネス向けに特化したのがMini appになります。

◆anybot(エニーボット)とは

https://anybot.me/
Mini appにいち早く注目し、企業に提供したのがエボラニ株式会社の「anybot(エニーボット)」です。
anybotは、日本語にも対応していて誰でも簡単にMini appを作ることができます。
anybotで出来ることは、

・チャットボットで接客を自動化
・顧客データの自動分類や保存
・オムニチャネルで、 様々な手段のマルチコンタクトを実現
・Mini appで販売や予約
・情報の自動集計や分析、可視化

があります。

 

◆まとめ

Webアクセシビリティに優れたWebサイトはSEOにも有効であり、人に優しい設計であるといえます。
Webアクセシビリティを配慮したUI/UXデザインは今回ご紹介した以外にもいくつもありますが、他社のサイトなども参考にしながら大事なポイントを押さえて誰もが使いやすいWebページ作りをしていきましょう。

フォーザウィンはIT業界で働く仲間を募集しています!
経験、未経験は問いません。是非当社の採用情報をご覧ください。
採用情報を見る >

最新記事

2020.05.22
2020.05.20
2020.05.13
2020.05.11
2020.04.30

カテゴリー

TOP