8Kとは?

フォーザウィン社員によるブログ記事となります。

8Kとは?

「8K映像」は、7,680×4,320画素を持つ高解像度映像のことです。
ちなみに、「4K」(3840×2160画素)の4倍、フルハイビジョン(フルHD)「2K」は1,920×1,080の16倍に相当し
テレビ画面が大きくなっても画面の粗さが目立たずにきれいに映すことが可能となります。
逆に面積が同じなら16倍高精度な表現ができることになります。

現在、BS-17chで8K試験放送が行われているようですが、
家庭用のチューナは未発売で、一般視聴者が受信することはできないようです。

より高解像度の映像ですが、そこまで必要という考えもあるかと思いますが
人間の目の解像度は非常に優れているようですので
映像の解像度が良くなれば、より実際の目に見ている内容と同等のクオリティで
映像を見られるためより臨場感が出るように思います。

人間一度良いものに慣れてしますと以前のものに戻れないものであり
8Kの普及は進んでいくのではないかと考えております。

フォーザウィン株式会社
専務取締役 池田邦博

過去の更新記事

TOP